mmbotでお馴染みの戦略を応用して公開中の自動売買システムに即興で実装してみた

 

今流行ってる?mmbotでお馴染みの戦略を公開中の自動売買システムに応用して即興で実装してみました。

BitMexではBANされる可能性があるのでBitFlyerでシミュレーションを行ったものです。

といっても、現状のシステムではデータ取得方法等に限界があるので、巷のmmbotユーザーの方には遠く及びませんが、アイデア次第で利益率が低いものなら結構簡単に出来たりします。19日の大きな変動を取り逃がしてしまったので利益を出すためのシステムとしては一部失敗ですが。

・・・実際現行のシステムを大幅に改修するのが大変なんです。

あと、厳密には原理を利用してるだけでmmbotとは言い切れないのであしからず。どちらかというと逆張り系かな。

チャネルブレイクアウト戦略とは全く異なる戦略をとっているので、これはこれで面白いですが、デメリットもあります。表面化していないだけです。

デメリットの一つをご紹介すると、運用資産が大きくなるにつれてクジラになってしまい、利益増加スピードが著しく低下します。大きな資産を運用されている方にはおススメしません。5000円~10000円あたりで運用スタートがおススメかもしれません。

あとは手数料が限りなく小さく0%かマイナスじゃないと通用しない期間限定の方法だったりしますので長期運用には向かないかも。このあたりは、取引量を増やしたい取引所の思惑もあるので取引所次第ってところですかね。

どちらにせよ、魑魅魍魎の住む株式売買や胴元がエグいFXには無い、仮想通貨売買独自の大きなメリットの一つかもしれませんが。

ご要望があれば、少しずつ記事にして公開させて頂くかもしれませんし、この売買方法を利用した自動売買方法をnote記事で近日公開させて頂くかもしれません。

今回は公開中のシステムでも応用すればそれなりに面白いものを実装できるというご紹介でした。

 

カテゴリー bot

mmbotでお馴染みの戦略を応用して公開中の自動売買システムに即興で実装してみた」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です