自動売買で全文検索か遺伝的アルゴリズムかについて

自動売買を作成するにあたって、閾値等のパラメータを使用していると、どのパラメータが一番最適かを判断したくなることがあります。

この時、全ての組み合わせをテストする全文検索を行えば明らかになるのですが、組み合わせが10000通りを超えることが明らかな場合に限り、やむを得ず遺伝的アルゴリズムに頼ることが多いです。

私の場合、長年の勘で当たりをつけて必要範囲だけ重点的にバックテストして最適値を見つけることが多くなりましたが。

一応、最後の手段として遺伝的アルゴリズムも準備しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です