CryptoWatchからデータ取得した場合、データ誤りがある件について

本日、逆指値成行注文が約定したにも関わらず、次の足でトレンド変更せず次の時間足でポジション復帰する事象が発生していることに気づきました。

原因を調査した結果、CryptoWatchからデータ取得していますが、たまにCrptoWatchが誤データを配信することが原因だと判明。簡単に言うと、CryptWatchからのデータ誤りで、反転する筈の売買トレンドが反転しない事象が発生するってことですね。この場合トレンド転換に0~1%程度の損失が発生する可能性があります。

まー、無料でデータを使わしてもらっている分、文句は言えませんが。

今のところ発生確率は非常に低そうですが、頻繁に発生するようならコード修正しようかな・・・と迷うところ。CryptoWatchは長期データが取得できて便利なんで、できればシミュレーションデータと実運用データは同じにしたいところ。

損失は軽微ですが、ハイレバレッジだと響きますからねー。様子を見て、頻発するよなら今後修正コードを書くかもしれません。

・・・発生頻度5%未満なら許容ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です