mmbotは自動売買として成立するかについて

自動売買でmmbotの話が少し出てきたので、自動売買として使えるかどうか考えてみます。

mmbotでよく使用されるマーケットメイク戦略は板の上下に指値(売り指値と買い指値)を提示し、自身の利益を得るものです。

平均値が一定でランダムな変動であれば、安値で買って高値で売れれば理論上利益が出ます。

しかしながら、現実には手数料が引かれるため、売買すればするほど、期待値はマイナスとなります。

bitmexのように、期間限定でマイナス手数料の場合のようなボーナス期間の時に有効となるかもしれませんが。

現実は、同じ方法を考えている人が存在し、限られた世界の中での熾烈な利益の取り合いになるだけなので、安定して利益が取れるものではありません。

また、運用資金が大きくなるほど自身がクジラとなってしまい、利益が減衰していくことも容易に予想がつきます。

自動売買の選択肢の一つとして非常に興味深いのですが。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です